2018/07/17

にんにく入りポトフ


梅雨明け宣言が出た途端、猛暑が続いている加古川市です。私は出身が長野県なので、この関西の湿度の高い暑さになかなか慣れません。特にここ数日は室外機の前にずーっといるような暑さ!皆さんは夏バテ対策はされていますか?

にんにくはスタミナ食材の代表格。夏の間は積極的に食べたいと思っています。普段はみじん切りやスライスして炒め物に使うことが多いのですが、今日はニンニクと新ごぼうを使ったポトフにしてみました。朝市で販売している稲美町産「トマト屋中村阮」さんのニンニクを使用しました。

生野菜ばかりを食べていると体を冷やす、と聞きました。夏だから身体を冷やすのは理にかなっているのですが、たまには身体を温める温野菜をとるのもいいですよ。夏にシャワーばかりじゃなくお湯をためてつかるとホッとするのと一緒…かな?


今回は他に、家にあった新じゃが、キャベツ、玉ねぎと、ソーセージを使いました。
新ごぼうは皮ごとざっくりと切り、アク抜きもせずに使います。

ニンニクは粒を包丁で潰し、水を入れた後にそのまま加えます。
炒めるのと違いニンニクの強い香りはあまりしませんが、スープにコクが出たように思います。たっぷり使ったりすりおろしてから最後に加えれば、また違った味になるでしょう。

味付けはコンソメと塩でシンプルに。食べるときに粒マスタードやケチャップ、コショウを加えてお好みに仕上げてくださいね!

毎日の料理に少しずつでもニンニクを取り入れたら、きっと元気にこの猛暑も乗り切れるはず!
(スタッフえり)

2018/07/09

筒井さんファミリー


朝市の常連である筒井様ご一家。奥さんの美佐子さんは、出店者であるニパニマーユさんの強烈なファンである。

朝市で何度も顔を合わすようになり、キャプテンと気さくに声をかけてくれたのがきっかけで仲良くなった。会うたびに話す時間が伸び「今度インタビューさせて」と今回の記事となった。筒井さんファミリーは4人家族。だんなさんと娘さん二人という家族構成だ。


ニパニマーユさんのベーグルを買うために、まずは次女がお母さんと一緒に先にくる。長女がこない理由はソロバン教室があるから。ソロバンが終わったところをお父さんが迎えに行って、ようやく4人が朝市に揃う。

このブログに以前書いたが、我々がベンチを使っているのは、セントピーターズバーグというアメリカのある町の影響。町の歩道にベンチを並べたらそこに人が集まって町が活性化したのだそう。それやったら俺たちもベンチやなということでおいて、それにシェアベンチという名前をつけた。

筒井さんは、なんとその町に住んでいたことがあるらしく、その話をうちの社長としたいのだよねと、インタビュー中も首を振って、社長がいるか確認していた。社長今度筒井さんと話ししてね。長女をつれてくるお父さんはお酒が好きらしく、今日だんなくるかなあと、美佐子さんはいつも言っている。二日酔いでこられへんかもと言っている。

女性三人はそれぞれお気に入りがある。ママは、ニパさんのベーグル。彼女にこの話を振ると、何しか熱い。大阪とか神戸とか、そこら中のベーグル食べたけど、ニパさんほどのベーグルはどこにもない。30分で売り切れるのはあたいまえやと声が大きくなる。

次女のお気に入りはmemeさんのクッキー。そして、長女はハニハニさんの鳥。と、鳥ですか? はちみつではなくと問い直したが、鳥だそうだ。本岡くん、鳥人気やで。

最後に朝市の魅力を聞いてみた。矢継ぎ早に色々答えてくださったが一言でいうと雰囲気がよい、だそうだ。きている人がおしゃれだし、テントもかわいいし、店も素敵な店が多い。土曜の朝の開放感もとてもよく、子供も安心してあそべる。ちなみに下のお嬢さんは、虫が大好き。会うと、いつもカマキリの子供や、バッタの子供とったのをみせてくれる。

ちなみに私は筒井ファミリーが好きだ。きてるかなとキョロキョロしてしまう。お客様、もし筒井ファミリーと友達になりたいなら言ってください。紹介しますので。

筒井さん、この度は時間を取ってくれてありがとう。また会いましょう。
キャプテンみさお

2018/06/04

ルッコラはごまの味

夏がやってきます。野菜も夏野菜がどんどんと出てきましたね!

先週の日曜日、お昼に冷やし中華を食べました。
市販の冷やし中華のセットを使ったのですが、「タレ」の味が濃く感じるので我が家では4人前の麺に対して3人前のタレを使います。すると1袋余ります。

この「冷やし中華のタレ」、結構活躍するんです。ちょっと酸味が聞いていてさっぱりとしたしょうゆ味で。ナスをあげたら漬け込んだり、きゅうりと鶏肉でバンバンジーにしたり。

今回は水耕栽培をされているミツバファームさんのシャキシャキの水菜やルッコラ、それから武田ファームさんのレタスを使いました。

ザクザク切ったルッコラと水菜をレタスの上にどんと乗せ、鰹節もたっぷり乗せます。そして食べる時に「冷やし中華のタレ」をかけていただきます。簡単すぎてすみません。

ルッコラはゴマの味がすると言いますが、ちょっとした苦味と辛味が効いていて、生で食べると良いアクセントになりますよね。ごま油のようなコクも加わります。
…と書いていて、冷やし中華に乗せたらいいんじゃないか、と気がつきました。
絶対に美味しいと思います。次回はやってみよう!

ルッコラと水菜のサラダに合わせたのは、豚肉と新玉ねぎ、グリンピースを使ったオーロラソースのソテーです。ワンプレートに盛り付けたらランチのようになってしまいましたが、彩りが綺麗だしお片づけが楽です(笑)。
オーロラソースについては、また別の機会に紹介したいと思います。


ルッコラは生ハムとの相性も抜群ですよ。オリーブオイルと黒胡椒をまわしかけ、オードブルにもおすすめします。おいしすぎて食べすぎると、辛味のせいか胃がチクチクすることがあるのでご注意くださいね。(エリ)



2018/05/19

小松菜の白和え


いつも私たちにご飯やおかずをせっせと作ってはおすそ分けしてくれる、朝市スタッフでベテラン主婦のゆみこさん。
朝市ではお客さんに野菜や果物の試食をしてもらいながらおいしい食べ方を伝えています。
 (▲写真中央がゆみこさん。)

そんなゆみこさんが「白和えは小松菜でしてもおいしいねん」と教えてくれたので、私も早速作ってみました。
シャキシャキとした歯ごたえが特徴の小松菜は、癖がなく茹でても炒めてもしっかりとしています。みつまた農園さんの小松菜は茎が太く、保冷バッグに入れて冷蔵庫に入れておけば1週間、2週間はほとんど変わらないんじゃないかというほどのみずみずしさです。

我が家でも、細かく切って細切りにしたお揚げさんと炒めて、お醤油を垂らしたり、じゃこを加えたり、また煮浸しにしたりと結構登場するやさいなのですが、白和えは作ったことがありませんでした。

いえ、普段白和えを作る習慣が私にはなかったのです。
さっそく作ってみようと調べてみると、木綿でも絹ごしでも、お好みのお豆腐で作って良さそうです。

今回私は絹ごしを使いました。しっかりと水切りをするのが出来上がりがべちゃっとならないコツのようです。

すりごまと砂糖やお醤油などを加え、しっかり味のついたお豆腐が小松菜や人参、こんにゃくに絡まり、触感も楽しい一品ができました。これからは白和えもおかずレパートリーに加えられそうです。

この一皿で野菜と一緒にタンパク質や食物繊維も取れるので、たっぷり作ってもりもり食べたいと思います!
(エリ)


2018/05/16

目に青葉

こんにちは。エリです。
今日は日岡山公園での初の朝市開催でした。ご来場いただいたみなさま、また出店者のみなさまも平日の朝早くからありがとうございました!

魚屋さんの今津商店さんは、姫路から朝お魚を仕入れてやってきてくれます。
鮮魚や切り身、干物や塩焼きなど、少しずつ工夫をして持ってきてくださっています。

お客さんが持ち帰る時に鮮度が保てるように、ペットボトルにお水を入れて凍らせたものもちゃんと用意してくれているんですよ!


今日私がのぞいた時は、既にほとんどが売り切れてしまっていたのですが、カツオのたたきがあったので買わせてもらいました。
我が家にとってはこれが今年の初鰹です。

今日は初夏のようなむしばむ暑さ。そんな暑い日の夕食にさっぱりと食べられる一品があっという間にできちゃいました!



下に敷いたのはサニーレタスと、みつまた農園さんの水菜です。
どちらもすぐに食べられるように一口大にちぎったり切ったりしてまとめてジッパー付きの保存袋に入れて冷蔵庫にいれています。

柔らかなサニーレタスとシャキシャキした水菜、それにカツオと食感も様々に楽しめます。
これに武田農園さんの小ネギを散らすか、増田さんの新玉ねぎ七宝を乗せるか、迷うところ。ポン酢で食べるかドレッシングをかけるかも…



2018/05/15

日岡山公園で朝市開催します

朝市を平日にも開催します。

試験的ですが平日にも開催します。あまりにもお客さんがこないようなら続けられませんが、もしお客様がたくさん押し寄せてくれるようなら平日も継続してやろうとおもっています。

開催は、明日2018年5月16日(水)
時間は、7:00〜12:00
場所は、日岡山公園管理事務所横 です 平日の早朝に果たして、いったいどれほどの人が歩いているのかをカウンターを持って調査してきました。6時から7時の間に歩いている人は45人でした。

その人たちがそのままお客さんになってくれるはずなどないですが、予測計算では、7時から12時の間で約200名ほどの方が前を通過してくださることになります。

この数が多いのか少ないのかはわかりませんが、そんな感じですので、やっちゃいます。 みなさまのお越しをお待ち申し上げております

 キャプテンみさお

2018/05/10

お客様に聞きました


雨の日も、風の日も、寒い日も暑い日もほぼ毎週に渡って朝市を続けています。よほどの事がない限り、あの場所には市がたっているということが浸透すれば、うれしいかな「じゃあ、あそこで待ち合わせな」とか「先朝市行っとくわ」といったような、待ち合わせに使ってくださる人もでてきます。
そんな常連さんに、ちょっと聞いてみたくなりました。そして、聞きました「毎週きてくださってますが、どういった理由で来てくれるのですか?」と。

すると、とても嬉しい答えが返ってきたのです。うれしくなった私は必死でメモをとりその様子をまとめました。

詳細はwebサイトにのせておりますのでそちらに譲りますが、少し書かせていただきます。

その6人衆は、朝市を去年の6月に開催していらい、毎週毎週ほとんどきてくださっています。たまに顔の見えない日があると心配になるほどです。そんなときは、必ず聞きます「先週来てくれなかったけど何で?」と。

ほっといてくれ、誰が毎週来るってゆーた? こようとこまいとこっちの勝手やと怒られてもおかしくないような問いかけですが、そんなことで怒るような人たちではないと私も知っているので、聞きました。

すると全員が一斉に「恵方巻きを巻いてたからこられなかったんよ」と答えてくれました。町内の自治会かなにかでそういう機会があったそうなのです「なるほど、それでか。こないから心配したわ」と言いました。ごめんごめんと皆が笑ってくれました。

そんな風に、1日でも来なければ心配になるほど来てくださっている皆さんにどうしても聞いてみたくなり、今回のインタビュー敢行となったわけです。

他にも、そんな人たちがたくさんおられます。これからも引き続き、色々聞かせてもらおうと思っているのですが、少し勇気がいります。たまたまやでという答えが返ってくるかも知れませんからね。

それでも勇気をもって、聞こうと思っているので、もし私が近づいてきたら、きたなと思ってください。そして、もしよかったら答えてください。この朝市をよりよくするため、皆さんのご意見を聞かせてください。

どうぞよろしくおねがいします

キャプテンみさお